ご相談

草柳和之

草柳和之草柳和之くさやなぎかずゆき

メンタルサービスセンター代表・カウンセラー/ NPO法人・日本ホリスティック医学協会理事/ 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

草柳和之

お問い合わせ 候補に入れる

長年、精神科や教育相談室等にカウンセラーとして勤務した後、心理相談機関「メンタルサービスセンター」を開業し、現在に至る。現在、大東文化大学で非常勤講師として教鞭をとる。DV被害者ケアに携わる一方、日本で初めてDV加害者更生プログラムの実践と研究に着手、同分野の第一人者として新聞・TVを通じて広く紹介される。大学・弁護士会・家裁・自治体等の講演・研修依頼も多く、著書論文多数。メンタルヘルス・家族問題・トラウマ・カウンセリング研修等、幅広くユーモアある講演を展開中。日本カウンセリング学会認定カウンセラーの資格を持つ。

出身・ゆかり

専門分野

メンタルヘルス/臨床心理学/カウンセリング/心理療法/トラウマケア/アートセラピー/いじめ問題/虐待問題/ドメスティック・バイオレンス問題/性暴力/夫婦や離婚の問題/依存症

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1986年
3月、東京足立病院精神科勤務(非常勤/ 1989年4月) 
1989年
7月、東京武蔵野病院精神科勤務(非常勤/ 1991年7月) 
1990年
4月、江戸川大学総合福祉専門学校非常勤講師(1998年3月) 
1990年
4月、メンタルサービスセンターを主宰・開業( 現在) 
1990年
12月、東大和市教育相談室非常勤相談員( 1996年3月) 
1995年
11月、社団法人 日本産業カウンセラー協会 保育部会顧問( 2001年3月) 
1996年
4月、桐朋学園大学非常勤講師( 2002年3月) 
1998年
12月、斎藤学診療所勤務(非常勤/ 2000年9月) 
2002年
4月、東京大学セクシャルハラスメント相談所非常勤相談員( 2003年3月) 
2003年
4月、早稲田大学非常勤講師( 2004年3月) 
2011年
5月、大東文化大学で非常勤講師( 現在)を追加 

もっとみる

主な講演テーマ

「現代人のストレスとメンタルヘルス」

「現代人のストレスとメンタルヘルス」

家庭や職場で起こる精神的問題は何か、それを適切に理解し対応するために何が必要か、心の危機管理のためのネットワークをいかに作っていくか、などについて、講師が豊富な臨床経験をもとに語ります。クイズ形式を導入したり、時には、事件・芸能ニュース・TVドラマ・映画などにも触れながら、分かりやすく解説します。

「よりよい人間関係や家族をつくるために(ピアノ演奏つき講演) 」

「よりよい人間関係や家族をつくるために(ピアノ演奏つき講演) 」

事件・芸能ニュースについて、さらにはTVドラマ・映画を見ながら、臨床心理学の視点から解説し、さらにDVや虐待との思いがけない関連を発見する講演を行います。同時に、関連する曲(ドラマや映画で使われている曲など)を講師がピアノ演奏し、シビアなテーマも楽しみながら心理学的教養が高められます。

「カウンセリング概論」

「カウンセリング概論」

対人援助の有力な手法であるカウンセリングのエッセンスを、実例を交えて解説します。また、問題解決力を高めるために相手にかかわる技術と見立て、専門家をいかに活用するか、など、について講演します。必要に応じて、講師によるデモンストレーションやロールプレイ実習も導入することができます。

「いじめ問題講演」

「いじめ問題講演」

職場や学校でのいじめ(パワー・ハラスメント)の実態はどのようなものか、いかなるメカニズムで起こり、維持されるかについて分かりやすく語ります。そして、実際にいじめの被害者・加害者に対して、どのような対応が適切か、対応にどのような落とし穴があり、二次被害をいかに防ぐか、についても解説します。

「セクシャルハラスメント」

「セクシャルハラスメント」

職場や学校におけるセクシャルハラスメント問題について、日常いかに防止していくか、いかなるメカニズムで起こり、維持されるかについて分かりやすく語ります。そして、実際にいじめの被害者・加害者に対して、どのような対応が適切か、対応にどのような落とし穴があり、二次被害をいかに防ぐか、についても解説します。セクハラ研修を単に危機管理の問題として扱うだけでなく、職場の生産性を向上し、学校が学習の場として適切に機能するための視点を提供します。

「コラージュ・ワーク/心理劇(サイコドラマ)の体験学習」

「コラージュ・ワーク/心理劇(サイコドラマ)の体験学習」

講演者は、長年、コラージュワーク/心理劇(サイコドラマ)を活用した、メンタルヘルス増進に取り組んできました。コラージュ・ワークとは、雑誌に載っている絵や写真を切り抜いて、画用紙に張り付けて作品を作るもので、作品制作後にグループワークを行いながら、有益な気づきへと発展していきます。サイコドラマとは、ドラマ的な手法を活用した問題解決技法です。これらは、話を一方的に聞く研修ではなく、参加者が体験的に気づき、自己成長を支援していくための体験学習です。

「DV(ドメスティック・バイオレンス)問題」
「DVを知る 女と男のいい関係のために」
「男性も知って得するDV問題」

「DV(ドメスティック・バイオレンス)問題」
「DVを知る 女と男のいい関係のために」
「男性も知って得するDV問題」

国の調査では、既婚女性の1/3が、配偶者から何らかの暴力を受けたことがある、という驚くべき結果が出ています。DVはどの家庭にも起こり得るもので、今やDVに関する知識は、家庭を営むうえで必須のものと言えます。DVとは何か、身近な被害者・加害者に対して、どのような対応が適切か、対応にどのような落とし穴があるか、について解説します。DVの背景にある性差別は何によって引き起こされ、日常の人間関係の中に気づかずに浸透しているか、男性が暴力的であっても許容される価値観をどう克服するか、についても話されます。

主な実績

講演実績

【カウンセリング概論】⇒ロールプレイ実習指導を含む。
・1992 2000:(社)全国私立保育園連盟主催・育児カウンセラー養成コース
・1999.7.8.9:(社)日本産業カウンセラー協会主催「逐語記録のとり方と面接実習」
・1997 99:(社)日本産業カウンセラー協会主催・産業カウンセラー養成講座「カウンセリングの諸理論」
・2004.8 国立音楽大学夏季音楽講習会「音楽療法講座:カウンセリング」/他多数

【いじめ問題講演】
・2007.3:民間相談機関連絡協議会主催・いじめ問題シンポジウム
・2007.7:NPO法人・生と死を考える会主催講演 /他

【スクール・セクシャルハラスメント】
・2005.9:静岡県教育委員会主催「セクシャルハラスメント防止研修」

【カウンセリングやケースワーク事例指導・スーパーヴィジョン】
・2005:(社)日本産業カウンセラー協会主催・事例検討コース(全8回)
・1991 2008:(社福)杉並の家保育園(都内)での箱庭療法ケース指導(断続して10年以上)
・1993  :(社福)愛の泉(埼玉県内、児童養護施設+老人施設)にてケース指導/他

【施設内虐待防止研修】
・2005  :(社福)愛の泉(前出)

【NLP(神経言語学的プログラミング)】
・1998.7:(社)日本産業カウンセラー協会主催「NLPとは」
・2003.6:東京音楽療法協会主催「観察力を高め、かかわる力を高める」
・2004.12:「グループをリードするためのNLP」日本心理劇学会第10回大会(武蔵野大学)

【心理劇(サイコドラマ)のワークショップ】
・1998.12「インナーチャイルド・サイコドラマ」日本心理劇学会第4回大会(愛知学院大学)・2001.11「バーンアウト防止のための心理劇」日本心理劇学会第7回大会(幕張OVTA)
・2002.11「男と女のパートナーシップを考えるサイコドラマ」日本心理劇学会第8回大会(高知商工会館)
・2005.2西日本心理劇学会第20回大会主催研修会「バーンアウト防止のための心理劇」(九州大学)
・2008.12「コラージュ療法からサイコドラマへの展開」日本心理劇学会第14回大会(共立女子大学)/他多数

【箱庭療法:講座とワークショップ】
・1996.8:東京カウンセリングスクール主催「箱庭療法講座」
・2001 2006(毎年全6回):(社)日本産業カウンセラー協会主催「箱庭療法実践講座」
・2003.2:(社)日本産業カウンセラー協会主催「箱庭療法ワークショップ」
・2003.7:NPO法人ヘルスカウンセリング学会千葉支部総会記念セミナー「箱庭療法序論」
・2004  (毎年2回):ゲシュタルト・アソシエイツ主催「箱庭療法ワークショップ」/他、極めて多数

【コラージュ療法ワークショップ】
・2004 2005(毎年2回):フォーカシングEN主催「コラージュ療法ワークショップ」
・2005.2:NPO法人日本ホリスティック医学協会九州事務局主催「コラージュ療法ワークショップ」
・2008.11:ちば県民共生センター主催「ちば県民共生センターフェスティバル:自己発見のためのコラージュ・ワーク入門」/他多数

【海外の学術集会・シンポジウムでの講演、他】 〈国内の学会発表は多数〉
・2004.8:第2回アジア性教育学術交流会(台湾・樹徳科技大学)にてワークショップ発表。
・2007.11:南京大虐殺70周年を期して開催された女性シンポジウム(中国・南京師範大学)にて、戦争とトラウマに関する短い講演の後に、野村誠〈元・京都女子大学専任講師〉作曲の“非暴力を伝えるピアノ曲”を演奏。

【海外の要人に研修の提供】
・2004.11:インドネシア.女性エンパワメント省副大臣及び同補佐に,技術協力研修「女性に対する暴力撤廃」を提供(日本国際協力機構(JICA)の依頼)

【ピアノ演奏つき講演】
事件・芸能ニュースについて、さらにはTVドラマ・映画を見ながら、臨床心理学の視点から解説し、さらにDVや虐待との思いがけない関連を発見する講演を行います。同時に、関連する曲(ドラマや映画で使われている曲など)を講師がピアノ演奏し、シビアなテーマも楽しみながら心理学的教養が高められます。
・2005.12:高知県土佐山田町主催「よくわかるDVの話」
・2006.7:熊本市男女共生推進課主催「DV防止セミナー」
・2008.9:NPO法人・国境なき楽団主催「セプテンバー・コンサート」 /その他

「曲目の例」
○ 宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」より、久石譲「6番目の駅」
○ 韓国ドラマ「冬のソナタ」より、「My Memory」 他
○ 韓国ドラマ「チャングムの誓い」より、「短歌」 他
○ E.サティ「ジムノペディ第1 3番」、他
○ R.シューマン「トロイメライ」
○ J.ブラームス「間奏曲 ロ短調,作品119-1」
○ J.S.バッハ(F.ブゾーニ編)「我は主の名を呼ぶ,BWV639 『オルガン小曲集(46曲のコラール前奏曲)』より」
/その他
○ 野村誠作曲「DVがなくなる日のための『インテルメッツォ(間奏曲)』」
【曲の説明】
草柳和之による作曲依頼で、作曲家・野村誠氏により初演された、演奏時間5分ほどのピアノ曲。曲名は「DVがなくなる日までの間に演奏される曲」という意味です。2001年《DV鎮魂の会》というイベントでの初演のために、作曲者とDV被害当事者・DV問題に携わる援助職が集まって作曲準備会をもち、体験談の話合いや作曲者の即興演奏を交えながら、この曲のイメージを探っていくという作業をへて作曲されました。

【DV(ドメスティック・バイオレンス)問題に関する講演・研修依頼】(以下の他、極めて多数)
・2001 07(毎月一回・全6 10回):(社)日本産業カウンセラー協会主催「DV被害・加害面接法実践講座」
・1998.12:東京弁護士会主催・DVシンポジウム
・1999.2:日弁連・両性の平等に関する委員会
・2000.1:日本性格心理学会(現:日本パーソナリティ心理学会)公開研修会
・2000.6:日本家族カウンセリング協会主催・シンポジウム「家庭内暴力の支援」
・2001.11:福島県男女共生センター/ジャパン・ソサエティー共催
    「日米助成指導者交流シンポジウム」
・2002.12:日本コミュニティ心理学会主催・DVシンポジウム
・2003.2:法務省法務総合研究所研究部・DV加害者研究チーム主催研究会
・2003.7:(福)子どもの虐待防止センター主催「子どもの虐待防止セミナー」
・2003.11:横浜家庭裁判所・調査官研修
・2004.2:東京家庭裁判所・東京家事調停協会社会福祉委員会主催研修会
・2004.2:家庭裁判所調査官研修所・養成部第49期後期合同研修
・2004.12:多摩三弁護士会主催・DV研修会
・2005.11:相模原家事調停協会主催研修会
・2006.1:鳥取県福祉相談センター主催「DV被害防止事例検討会議・職員研修会」
・2007.2:青森県健康福祉部こどもみらい課主催「DV問題講演会」
・2008.3:“人間と性”教育研究協議会.静岡・愛知・岐阜サークル主催「第2回東海セミナー」

【視聴覚資料(製作協力、および出演)】
○ビデオ「現代社会と人権シリーズ:女性の人権を考える」(製作:東映株式会社)
○法務省録音教材:CD No.466「2.心の叫び「ドメスティックバイオレンス」」
(発行:法務省矯正局/製作:テレビ朝日映像株式会社)、2004

講演料金目安

160,000円(消費税、交通費別)

主催者様のご予算に応じて、ご相談に応じます。

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9158
2022.05.26
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9158人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる