ご相談

清水一郎

清水一郎清水一郎しみずいちろう

おひさまクリニックセンター北院長

清水一郎

お問い合わせ 候補に入れる

医学博士。性差医療専門医。がんを含む多くの病気の原因に活性酸素が関係していることから、健康には活性酸素を消去できる抗酸化力の存在が不可欠です。女性ホルモンのエストロゲンは体内最大の抗酸化力があり、会話・共感力を促す。男性ホルモンのテストステロンは強い筋肉を作り出し、評価・征服力を促す。男女の性ホルモン研究と抗酸化力研究に長年携わり、男女の違いを診断や治療に反映させる性差医療の必要性を提唱してきました。
また、私自身が糖尿病・高血圧になって食事運動等の生活習慣改善で克服した経験と現在も主夫を率先して実践していることから、男女の健康問題や夫婦問題を並行して研究している。健康美人でいたい女性、セックスレスを解消したい男性、円満でいたい熟年夫婦等を応援し、そのために、食事、運動や人間関係の対処法等の具体的な改善策を、スライドを示しながら平易に楽しくお伝えしたい。

出身・ゆかり

専門分野

健康/医療/生活習慣病/美容・アンチエイジング/性ライフ/主夫/味噌/男女共同参画/認知症/介護

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1980年
愛媛大学医学部医学科卒業
徳島大学医学部附属病院研修医 
1989年
米国ペンシルバニア大学医学部微生物学博士研究員 
1991年
徳島大学医学部助手 
1994年
徳島大学医学部講師 
2002年
徳島大学医学部助教授 
2007年
徳島大学医学部准教授
徳島大学医学部・歯学部附属病院内視鏡センター長 
2009年
聖隷横浜病院消化器内科診療部長・内視鏡センター長 
2011年
昇和診療所院長 
2016年
おひさまクリニックセンター北院長 

もっとみる

主な講演テーマ

生活習慣改善だけで1年で糖尿病・高血圧が消える方法(自己体験談)

生活習慣改善だけで1年で糖尿病・高血圧が消える方法(自己体験談)

ジャンル
生活習慣病/ライフスタイル
聴講対象者
成人男女

私は「医者の不養生」で肥満から糖尿病・高血圧になりました。スポーツ未経験の私が還暦を過ぎて、主夫を自覚し、料理を習い、塩分やカロリーを少し意識、無理のない距離とペースからジョギングを開始しました。運動・体力測定等の記録日誌を付け、SNS等を活用して、自分で自分の背中を押す有言実行を貫いたのです。気づいたら1年で21kg減量とウエスト22cm減の改善ができて糖尿病・高血圧が消えました。根気強く耐える、そんなイメージをガラリと変える「楽しむ」糖尿病と高血圧治療をお伝えします。運動オンチであればあるほど、肥満であればあるほど、ちょっとしたキッカケで人は劇的でクールな健康生活を送れるはずです。元気の出る情報をお伝えします。

いつまでも美しく健康でいるための生活習慣

いつまでも美しく健康でいるための生活習慣

ジャンル
美容/健康/ライフスタイル
聴講対象者
成人女性

がんを含む多くの病気の原因に活性酸素が関係していることから、健康には活性酸素を消去できる抗酸化力の存在が不可欠です。女性ホルモンのエストロゲンは体内最大の抗酸化力を有しています。だからこそ女性は男性よりがんを含む種々の病気から守られています。男性より筋肉量が少ないかわりに、内臓に脂肪が貯まらず、艶やかな髪や滑らかな肌は主にエストロゲンにより生み出されます。一方で、少ない筋肉量は女性に多い冷え性や便秘の原因です。閉経前から、抗酸化力のある食品や、腸内環境に整える作用のある善玉菌の乳酸菌や豊富な食物繊維を含む発酵食品等に配慮し、簡単なエクササイズを含む生活習慣の改善に取り組むことによって、少ない筋肉量を補い、いつまでも健康で美しい体を保持可能なことをお伝えします。

大真面目なセックスレス解消の手引き

大真面目なセックスレス解消の手引き

ジャンル
ライフスタイル
聴講対象者
成人男女

性ホルモンにより、男性は視覚的感受性と征服的・狩猟的欲求が強く、女性はムードや言葉を重んじ共感的欲求が強いのです。射精やオーガズムの瞬間だけでなく、スキンシップや会話だけでもオキシトシンが分泌されます。セックスレスに悩む夫婦には、スキンシップと会話を増やし、性ホルモン作用や性機能を活性化することが不可欠です。こうした活性化の最大の障害が活性酸素を介した心身のストレスです。活性酸素を消去できる抗酸化力の高い食品を摂取し、人間関係でのストレス軽減法、その気にならないパートナーへの対処法、女性への共感と男性への評価の対話法、カップルマッサージ、セックス筋体操等を取り上げ、大真面目にセックスレス解消方法をお伝えします。

毎日1杯の味噌汁で健康美人

毎日1杯の味噌汁で健康美人

ジャンル
ライフスタイル/健康/美容/食事
聴講対象者
成人男女

清水一郎の講演テーマ画像4 活性酸素はがんを含む病気の原因となるため健康には活性酸素を消去できる抗酸化力が必要。味噌そのものが女性ホルモン類似のイソブラボンを含み、強い抗酸化力がある上に、具材として豆腐・油揚げ、ワカメ、魚介類、野菜等の抗酸化力のある食品が添加できる。保湿・美肌効果や血圧改善効果のある成分を有し、善玉菌の乳酸菌や豊富な食物繊維を含む発酵食品として、腸内環境に整える作用があります。血流や免疫力もアップしストレスを抑制。冷え・便秘等の改善だけでなく優れた味噌汁の効用をお伝えする。

主な実績

講演実績

市民講座/教育講演/性差医学・医療学会第1回学術集会/聖隷横浜病院(せいれい健康講座)/肝不全と栄養治療の勉強会/味の素製薬株式会社(社内招聘勉強会)

新聞

取材記事掲載-朝日新聞2009年12月18日:『性別違えば治療も違う「性差医療」に関心を』

その他メディア

取材記事掲載-
1) 1000万人予備軍のための糖尿病のすべてがわかる本.洋泉社MOOK、2018:『患者になった医師がわずか1年で糖尿病を消した驚きの方法』.
2) 壮快2018年7月号:『医師自ら糖尿病を克服! 21kgやせて220ミリの血糖値を99ミリに下げた秘密を公開』
3) 壮快Z 2018年8月号:『男性ホルモンの減少が招くED3兄弟を防ぎ治して生涯現役を貫く術を医師が伝授』
4) 壮快Z 2018年8月号:『ホルモン分泌を促して性的興奮がアップ! 男と女の淫靡なムードを高めるレモンバームの香り』.
5) 週刊SPA! 2018年11月13日号:『本能、快楽、愛情が揃う最高のSEXライフは40代から始まる』
6) わかさ2019年2月号:『食事のちょっとしたキッカケで高血圧・脂質異常・脂肪肝が正常化し糖尿病が「消えた」』

受賞歴

1998年   日本消化器病学会奨励賞 Mutations in a hydrophilic part of the core gene of hepatitis C virus in patients with hepatocellular carcinoma in China
1999年   Liver Forum in Kyoto研究奨励賞 エストラジオールの酸化ストレスに対する生体防御能と肝線維化抑制作用

講演料金目安

130,000円(消費税、交通費別)

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9117
2021.12.03
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9117人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる